【競艇】荒れるレースで勝負!少ない投資金額で大きな払い戻しを狙う舟券の買い方・レースの選び方・メリットなど解説!


競艇で勝つためのランキング!

公式ラインでは最新最速の情報をお届けしています!
ぜひ友達追加宜しくお願いします!

普段、舟券を買って勝負している人の中には硬いレースに絞って勝負をしている人やグレードレースのみ、逆に一般戦のみで勝負をする人、また女子戦でしか舟券を買わない人などそれぞれのスタイルに合わせたレース選びをしている方も少なくないと思います。今回は、荒れるレースに絞って勝負をするメリットや荒れるレースの見極め方について解説していきたいと思いますので、荒れるレースで高配当狙いの勝負がしたいという方はぜひ読んでみてください。

堅いレースで回収率絵をアップさせたい場合については過去の別記事で解説しております。
是非そちらの記事も下記よりご確認ください。

荒れるレースに絞って勝負をするメリットとは?

荒れるレースに絞って勝負をするメリットとは?

まず、荒れるレースに絞って勝負をしていくことのメリットはどういったことがあるのかについて書いていきたいと思います。

①勝負するレースを絞ることで無駄な舟券購入を避けることができる
少ない投資金額で大きな払い戻し金額を狙うことができる
③高配当の買い目を買ってレース中興奮できる!

競艇で回収率をプラスにしていく上で、たくさんのレースを購入しつづけることは控除率の分不利になります。そのためレースや買い目を絞っていくことは重要な要素になります。その場合、硬いレースで少ない買い目で厚く張っていくか?それとも荒れるレースで買い目を広げて高配当を狙っていくか?のどちらかに寄せていくことが近道になります。

荒れるレースを見極めるための条件とは?

それでは、荒れるレースで勝負したいと思った時にどうやってレース選びをしていけば良いのでしょうか?ここではまず、どのような条件が重なった時に荒れたレースになりやすいのかをご紹介していきたいと思います。

出場選手の力量と機力の差

まずは選手の力量です。もちろん選手の力量に差があればあるほど舟券を購入する人の投票が偏りやすいです。荒れるレースというのは、そのレース結果を予想した人が少ないレースということなので、結果的に格下の選手が格上の選手に勝つ場合が荒れたレースとなることが多いです。

また、30〜50倍程度のいわゆる中穴と呼ばれる配当が出やすいのは出場選手の力量が揃っており軸にできる選手がいないようなレースで多く発生します。この場合は投票が分散しやすく最低オッズが高くなりやすく、広い買い目で20〜40倍程度のオッズが散見されます。

先程ご紹介したような格下の選手が格上の選手に勝ってしまうようなパターンでは万舟券のような大穴になるパターンが多いのでこちらも覚えておきましょう。

次に機力についてです。競艇選手たちはレースの前日にレース上に入り、モーターやボートの抽選を行います。その際に、試走や練習などを行いますが初日の予想にとても重要になってくる前検タイム測定といったものも実施します。この前検タイムを確認して抽選でどの選手が良いモーターを獲得したのかを確認し、初日の予想に活かすことができます。

当日には、レース前の作戦待機行動・スタート展示・周回展示を確認して機力の良し悪しやそれぞれのモーターの長所と短所を判断します。この機力の差がどのようにオッズに反映されていくのかですが、予想のスタイルとして選手の能力や実績を重視する人や当日の足の出来具合を見て判断する人、当日走るであろうコースの実績を重視する人など様々です。

特に初日は予想をするための情報が少ないので、当日の周回展示のタイムというのは重要な要素になってきますが、この時に強い選手の機力が弱い場合や逆に弱い選手の機力が強い場合に波乱が起きやすくなります。

選手の力量以上に機力に差がある場合には、格下の選手が格上の選手に勝ってしまうことも十分にあり得ますので注意して見ていく必要があります。

天候・気象

次に天候や気象状況についてです。大雨の日や強風の日、波が高い日などは操船が非常に難しくなりレースに波乱が起こることもよくあります。また、荒波に強い選手や悪天候に強い選手などのデータは非常に探しにくく、予想をすることが難しいので無難にインコースから購入する人が増えたり単純に実績上位の選手から購入する人が増えたりと、そこまでの信頼度がな買い目に投票が集中することによるオッズの歪みが発生する場面にもしばしば出くわします。

レースを進める上で危険だと判断された場合には、安定板が取り付けられたり周回短縮(3周→2周)が行われたりする場合もあります。

開催場や開催時間

次にレース場についてです。こちらは別の記事でもご紹介した通りレース場によって特徴があり、よく高配当が出る競艇場として挙げられるのが「平和島・江戸川・戸田」などの競艇場があります。これらの競艇場は結果として高配当が出ていますが、本来どのような競艇場が荒れやすいのかというと一概に決まった要素があるわけではありませんが1コースの勝率が低いことが唯一の共通点になります。

重要なことは、その競艇場の特徴を把握した上で予想に組み込んでいくことです。競艇場によってどのような違いがあるかというと、「水質・コース幅・ターンマークの位置・ピットの位置・風防や消波装置などの設備」などが変わってきます。

違いによってそれぞれに特徴がありますが、例えば先ほど挙げた三場の「平和島・江戸川・戸田」の水質を見ていくと、平和島は海水、江戸川は汽水、戸田は淡水とそれぞれ異なっており共通点はありません。共通するのは結果的に1コースの勝率が低いということのみで、競艇は基本的に1コースが有利なため1コースが売れているが1コースが勝ちにくいこれらの競艇場では高配当が発生しやすいということになります。

また、海水の場合は潮の満ち引きによってかなり影響を受けますので、極端な場合には午前・午後でレース展開がまったく別物になってしまう場合もあります。荒れるレースで勝負したいからと単純にこれらの高配当がでやすい競艇場で勝負すれば良いということではないので注意が必要です。

荒れるレースを狙うためにおすすめの条件とは?

それでは、荒れるレースに絞って勝負したい人はどうやってレースを絞っていけば良いのでしょうか?荒れるレースの条件というのはいくつかありますが、相対的に平均オッズが高くなるレース=予想が難しいレースとなります。ただ単純にオッズが高くなっているレースを狙うのではなく、勝負ができるレースをどのように見極めていけば良いのかを解説していきたいと思います。

出場選手の力量と機力の差

まず初めに選手の力量や機力についてです。荒れるレースを狙う場合に重要なことは、「実績がある格上の選手が格下の選手に負ける可能性があるレース」を探すことにつきます。その上で特に狙い目なのが、インコースにA2選手がいてそれ以外の選手が全員B1選手などの格下の選手で組まれている番組構成になっているレースです。

もちろん高配当のみを狙うのであればA1の選手がインコースでそれ以外の選手がB1やB2選手の方が良いのですが、A1選手とA2選手では腕の差が全く違ってくる場合が多く、かなりの波乱がなければB級の選手がインコースのA1選手に勝つことは難しいです。

しかし、A2選手であれば「インコース勝率が極端に低い選手」や「連対率や競走得点は高いけど1着率は低い」といった選手を探すこともそこまで難しいことではありません。最初は各レースの出走表を確認して荒れるかどうかを判断していくよりも、そういった選手を事前に探しておいてその選手が走るレースを追いかけていくことが時間の節約にもなりますしオススメです。

その際には、あるコース実績だけが突出して良い選手と悪い選手をできるだけ調べておきましょう。1着率と連対率を確認しておき、スタートや決まり手の癖を事前に調べておくことでレース展開の予想精度を向上させることができます。

もう一つは機力の差です。こちらも別記事にて詳細に解説していますが、簡単に説明すると機力とは主にモーターの良し悪しやペラがあっているかどうかで判断される要素で、一般的に「出足・行き足・伸び足・回り足」で評価されます。格下の選手が格上の選手に勝つためには機力の差というのもとても重要になります。

特に整備を行う時間が少ない初日が狙い目です。ベテランの選手になってくると、最初に良くないモーターを引いてしまっても節間の中でそこそこに整備して仕上げてくるものなので、モーターの良し悪しで格下選手が格上の選手に勝てそうなレースを探す場合には初日に注目してレースを選んでいきましょう。

また、単純に1周のタイムを見ていくだけではこういったレースを狙って的中させていくことは簡単なことではありません。重要なことは想定したレース展開に合っている足に仕上がっているのは誰なのか?を正確に判断していくことになります。

例えば、1コースにB1選手がいて2コースにA2選手がいた場合、2コースから売れていく場合の方が多いのですが、共にスローからのスタートでどちらもスタートを決めた場合には1コースのB1選手が逃げを決めることも少なくありません。もし2コースの格上選手の出足や回り足が悪い場合にはなおさら1着を取ることは難しいです。

また、1コースに格上の選手がいた場合でも、行き足や伸び足の良いモーターを引いた格下の選手がダッシュの4コースから一気に捲りを決めてしまうことも珍しくありません。

そういったレースを探して勝負をしていくことで、人気はしていなくオッズはついているが期待値はある買い目を探すことができます。

天候・気象

次に天候や気象についてです。こちらもA1の選手が出走しているレースを狙うのはあまりオススメしません。安定してA1級にいる選手というのは、様々な条件でたくさんのレースを行い対応できるだけの経験を積んでいます。荒れた天候というのは一見レースが荒れそうなのですが、番組によっては全く逆で硬い決着のレースになることも多いです。

とはいえ波が高い日や風が強い日は操船が難しく、荒れるレースになることが多いのも事実です。それではどのような条件で荒れたレースになりやすいのかというと、「向かい風が強い時」や「選手同士の力量・実績の差があまりない時」です。

これはどういうことかというと、何度もいうように競艇とは1コースが有利な競技なので選手の力量差があまりない時には1コースの選手が人気になる傾向になります。つまり1コースの選手が負ける、さらにいえば3着以内に入らなければ高配当が出やすい=荒れたレースになりやすいということになります。

そういったレース(1コースが負けやすい、他のコースが勝ちやすい)になりやすい条件というのが先程ご紹介した「向かい風が強い時」ということになります。向かい風が強い時というのは、スタート時の助走距離が短いスロースタートはスピードに乗りにくくなり不利になり、ダッシュスタートでしっかり助走距離を確保してスピードに乗った選手に有利になります。

もし、4コースの艇が内側の3艇を捲り切ってしまえば展開が向く5号艇や6号艇がついてくるパターンになりやすく、そうなった場合には高配当が出やすいです。もちろん向かい風は強いだけで簡単に捲りが決まるわけではなく、選手の能力や機力を見てインコースが負けそうなレースと判断した場合に、オッズを加味して勝負するかどうかを決めていくことが重要になります。

開催場や開催時間

次に開催場と開催時間についても解説をしていきます。こちらも先程書いたように単純にどの競艇場であれば荒れたレースになりやすいということではありません。各競艇場の特徴を把握した上で、どの競艇場でどのような条件が揃えば荒れたレースになりやすいのかということを押さえておくことが重要になります。

そのため、いろんな競艇場で勝負をするよりはいくつかの競艇場に絞って勝負をしていくことをオススメします。その上でオススメしたい競艇場は水質が「海水」の競艇場です。

海水の競艇場というのは時間によって潮の満ち引きがあり、その潮目によってレース展開が変わってきます。潮の満ち引きがどのように変わっていくかというと、「満潮→下げ潮→干潮→上げ潮→満潮」といった具合に入れ替わっていきます。

特徴として、「満潮時には水面が高くなりうねりが発生しやすくなるため捲りが決まりづらくなりインコースが有利」になります。「干潮時には水面が低くなり波が穏やかになるので外からの捲りが決まりやすい」といった傾向があります。

この潮目が変わる際に、それぞれの潮目によって「追い潮」と「向かい潮」といった状態になるのですが、これが風の影響と同じようにスタート時のスピードの乗り具合にも関わってきます。追い潮ではスタートする選手と同じ方向に潮が流れていくので、助走距離の短いスロースタートの選手に有利に働きます。逆に、向かい潮の場合はスタート時に選手と逆方向に潮が流れていくため、スロースタートの選手はスピードが乗りにくくなり不利になってしまいます。

この潮目というのはそれぞれの競艇場によって影響が変わってくるので、自身が勝負をすると決めた競艇場の特徴をしっかり頭に入れて風と合わせて潮目についても判断する要素に織り込んでいきましょう。

レースグレードや種類

最後に、荒れたレースを狙う場合にオススメなレースグレードや種類について解説します。結論からいうと「一般戦」もしくは「女子戦」です。

まず、競艇で期待値を追う場合に必要になる要素として売り上げというものがあります。競艇で1番売り上げが立つのはSGやGⅠなどのハイグレードレースですが、これらのレースは中穴以上の配当はよく発生しますが的中させることはとても難しいです。とはいえ全通り買っても収支がプラスになるほど大穴配当ばかり発生するわけでもなく、高配当を狙ってレースを絞っていく場合にはオススメできないレースになります。

それではなぜ「一般戦」や「女子戦」がオススメなのかというと、「知識の差でオッズの歪みを見つけやすい」点です。毎日行われている一般戦などはレース数も多く、それぞれのレース間での時間も短いためそこまで事前に情報を精査して勝負に臨む人がまだまだ少ないというのが事実です。

これまで解説してきた荒れるレースが発生する条件を事前に調べている購入者が少なく、その時の潮目や風向き・風速や各選手の特徴で買い目を決めるのではなく、単純に格上のインコースに人気が集まったりしやすいので、信頼できない買い目に人気が集まるレースを探すことも難しくありません。

競艇の女子戦やグレードレースについては、過去の別記事で掲載中です。
是非そちらの記事ご確認ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?荒れたレースを狙って競艇を楽しみたいのであれば、結局のところ配当金というのは舟券購入者同士での牌の取り合いになるということを頭に入れた上で、他の人が簡単に思い付かないような抜け目を狙えるレースを逃さないように事前の準備が重要になるということを覚えておきましょう。

ちなみに・・・

私が徹底検証した中で最も効果が高かった競艇予想サイトは競艇道場という予想サイト。
無料予想の的中率も70%近くあり回収率も200%近い。
興味のある方はぜひ私の徹底検証記事を回覧してほしい。

競艇道場の徹底検証記事はこちら

それから個人的にスロットの押忍サラリーマン番長ぽくて気に入っているのが、競艇サラリーマン
もちろん見た目だけでなく先日自腹で抜き打ち検証した際にはコロガシレースを全レース的中させて回収率も700%~1000%近い超強い数字となっている。
こちらも徹底検証済なので興味を持った方はぜひ確認をしてほしい。

競艇サラリーマンの徹底検証記事はこちら

最近検証を終えた新規競艇予想サイトの競艇ジャブジャブのポテンシャルも高い。
最近は記事にできていないが個人的に参加したプランで回収率1000%達成しウハウハの超優良サイト。
検証記事も出しているので確認してみてほしい。

競艇ジャブジャブの徹底検証記事はこちら

公式ラインでは最新最速の情報をお届けしています!
ぜひ友達追加宜しくお願いします!
私が検証して利益の出た優良予想サイト一覧を下記バナーから確認できます▽