コース別のオススメ選手を紹介!選手の特徴を知って競艇予想の精度を向上させる方法!


競艇で勝つためのランキング!

公式ラインでは最新最速の情報をお届けしています!
ぜひ友達追加宜しくお願いします!

今回は、普段ずっとレースを見ているわけではなくどの選手がどのコースが得意なのかまだ覚えられない・・・といった方に向けて「〇〇選手が〇〇コースを走るなら買い!」といったコース別のおすすめ選手情報や選手の特徴などについて簡単にまとめてみようと思います。

個人的に好きな選手も入っていますが、ぜひ参考にしていただければと思います。

コース別巧者紹介

まずは、コース別に勝率や2連対率などの成績を参考にしながら選手の紹介をしていきます。単純な数字のみではなくこれまでレースを見てきた中での主観が入っているランキングになりますのであらかじめご了承ください。(データは2021年9月時点から直近1年間を参照しています)

1コース巧者

「中島孝平」選手(A1級)  
「中島孝平」選手(A1級)  

まず1コースにおいて私が最も信頼している選手は「中島孝平」選手になります。中島選手はグレードレースを通算17回優勝しているベテラン選手で、最高グレードであるSGでも2回優勝しています。直近1年間のイン逃げ成功率は85.9%(71走)あり、2連率に関しては93.0%(71走)と非常に安定して好成績を残している選手です。また、道中の捌きも上手な選手なので安心してレースを観戦できる選手でインコースで出走する時には必ず軸にして舟券を組み立てています。

全国勝率 7.58
1コース1着率 85.9%(71走)
1コース2連率 93.0%(100走)
平均スタートタイミング 0.14

2コース巧者​

「毒島誠」選手(A1級)
「毒島誠」選手(A1級)

次に2コースにおいて私が最も信頼している選手は「毒島誠」選手になります。毒島選手は特に有名な選手で知っている方も多いと思います。グレードレースでも25回も優勝しておりSGレースの常連選手です。毒島選手の直近1年での2コース1着率は44.4%(36走)もあり、2連率は72.2%(36走)となっています。

一般的に2コースの1着率は10〜20%が平均値となっており、トップレーサーになると30%を超えてくる選手が多いのですが、その中でも毒島選手の2コース成績は特に良いことがわかります。その分、人気になり舟券が売れてしまうのでオッズの旨味は少ない場合が多いですが、常にハイグレードレースを走っての成績なので軸におすすめしたい選手の1人です。

全国勝率 7.96
2コース1着率 44.4%(36走)
2コース2連率 72.2%(36走)
平均スタートタイミング 0.15

3コース巧者

「丸野一樹」選手(A1級) 「松尾拓」選手(A2級)
「丸野一樹」選手(A1級) 「松尾拓」選手(A2級)

   〜丸野一樹 選手〜          〜松尾拓 選手〜

全国勝率 7.42 全国勝率 5.58
3コース1着率 35.9%(39走) 3コース1着率 24.4%(19走)
3コース2連率 64.1%(39走) 3コース2連率 46.3%(19走)
平均スタートタイミング 0.13 平均スタートタイミング 0.16

次に3コース巧者の選手ですが、ご紹介したい選手が2人います。「丸野一樹」選手と「松尾拓」選手です。この2人を選んだ理由は、他のコースに比べて3コースが上手で、丸野選手にいたっては3コースの1着率が2コースや4コースの倍近くあります。(出走回数はほぼ変わらず)

丸野選手のコース別成績

丸野選手のコース別成績

松尾選手のコース別成績

松尾選手のコース別成績

この成績を見ていただければわかるように2人とも特に3コースの成績がよく、他のコースに比べて3コースから出走するであろうレースは期待値が上がります。

先程ご紹介させていただいた毒島選手でさえ、3コースからの1着率は27.5%(40走)となっており、毒島選手が常にハイグレードレースに出走している点を加味しても驚異的な数字であることは否定できません。(丸野選手と松尾選手もGⅠ常連です)

もし丸野選手、松尾選手が3コースから出走しそうなレースがあれば積極的に狙ってみることをおすすめします。

4コース巧者

「白井英治」選手(A1級)
「白井英治」選手(A1級)

次に4コースです。4コースというとダッシュの最内ということで、基本的にスタートタイミングが早い選手が有利です。スタートが速い選手はたくさんいますが、私がおすすめしたいのは「白井英二」選手です。白井選手は屈指のトップレーサーで、スタート・ターン・道中の捌き・整備力・メンタリティ全てがトップクラスの選手です。4コースが特別得意というわけではないのですが、SG常連でありながらどのコースでも安静した成績を残し常に高い勝率を維持し続けており、地元の山口県にある徳山競艇場で195走して8.64という脅威の勝率を記録しています。

全国勝率 7.79
4コース1着率 32.7%(49走)
4コース2連率 55.1%(49走)
平均スタートタイミング 0.14

5コース巧者

「菅章哉」選手(A1級)
「菅章哉」選手(A1級)

次は5コース巧者です。こちらは「菅章哉」選手をおすすめしたいと思います。まくり差しが上手い馬場貴也選手や白井選手、秦選手と迷いましたが、直近での活躍や勝負師としての魅力がある菅選手をご紹介したいと思いピックアップさせていただきました。

菅選手は特にアウトコースが大好きというわけではないようなのですが、どのコースからでも連対してくるようなバランスの良さがあります。また、勝負どころでチルトを跳ねて大勝負をみせてくれることがありレースを盛り上げてくれる選手です。とはいえ実際に5コースの成績も悪くなく1着率は37.5%(16走)、2連対率は43.7%(16走)となっています。もしレースで見かけたらぜひ舟券を購入してみてください。

全国勝率 7.08
5コース1着率 29.7%(37走)
5コース2連率 46.0%(37走)
平均スタートタイミング 0.14

6コース巧者

「萩原秀人」選手(A1級)

最後に6コースの紹介になります。6コース巧者としてご紹介したい選手はずばり「萩原秀人」選手です。萩原選手はまくり差しがとても上手い選手で、直近1年での6コースからの1着率はなんと22.5%(40走)もあります。トップレーサーが集まるSGのみに絞ったとしても14.3%(7走)と普通の数字ではありません。

この数字は現役トップレーサーといわれている峰竜太選手よりもいい成績になります。6コースは、よほどスタートタイムの差がない限りはまくり切ることが難しく、「最内差し」もしくは「まくり差し」での決まり手決着が多くなります。

萩原選手は峰選手に劣らないほどまくり差すスペースをみつけて差し込んでいくことが上手な選手なので、もし6コースにいて高配当が期待できるようなレースがあれば要注目です。

全国勝率 7.25
6コース1着率 22.5%(40走)
6コース2連率 47.5%(40走)
平均スタートタイミング 0.14

特徴のある選手をピックアップ

次は、戦略や決まり手に特徴がある選手をご紹介していきたいと思います。この情報を頭に入れておくことで、作戦待機行動での動きや攻め手の特徴を覚えておいてレース展開の予想に活用してみてください。

イン屋

イン屋といえばこの人、「深川真二」選手です。深川選手は生粋のイン屋で格上相手でもガンガン前付けに行きます。4〜6号艇で出走した場合の前付け確率は100%といっても過言ではありません。

その場合、スタート時の起こし位置が深くなってしまいますので、インコースのスタート力に懸念がる場合は一考して舟券を組み立ててみましょう。

アウト屋

深川選手とは反対にアウト屋といえば「阿波勝哉」選手ですね。阿波選手は1号艇で出走しても6コースを取りにいくようなアウトで、直近1年では127走した内の126走が6コースからスタートしています。

期別の成績では勝率4.36とそこまで高い数字を残している選手ではないのですが、ほぼ6コースということを考えると軽視できるほどでもありません。阿波選手が出走するレースでは、各艇が1枠づつ内に入るということを頭に入れて予想を組み立てていきましょう。

まくり屋

次に初めての女子選手をご紹介したいと思います。その選手は「高田ひかる」選手です。高田選手の特徴といえばスタートが決まればとにかくまくっていく!というところで、直近1年の4カドからの決まり手をみると差しが7.1%、まくり差しが7.1%に対してまくりが50%となっています。

高田選手は4コースが得意な選手でもあり、直近1年での4コース1着率は47.5%(40走)もあります。豪快にまくっていく性格の選手なので、スタートさえ決まればアウトコースからでも連に絡むことも多く、特に女子戦では要注目の選手です。

差し巧者、まくり差し巧者

次に差し・まくり差し巧者としてご紹介したいのが「池田浩二」選手です。池田選手はいわずと知れたSGレーサーですが、特に差しとまくり差しが上手な選手で1コースもとても上手ですが2コースと5コースの成績もよく、2コースからの差し抜けや5コースから艇と艇の隙間を差し込んでくるまくり差しは圧巻です。

勝率・連対率も高く安定したレース運びができる選手なので軸にも最適です。平均スタートタイムも0.13と早く、ハイレベルなオールラウンダーといった特徴があります。余談ですが西山貴浩選手と仲がいいことでも有名な選手ですね。

スタート巧者

最後にスタート巧者としてご紹介したい選手は「原田幸哉」選手です。スタート巧者と聞いてまず最初に思いつくのが通称「精密機械」と呼ばれている菊地孝平選手だと思いますが、原田選手も菊地選手に負けないぐらいスタートが上手な選手です。

前期の成績は148走して平均スタートタイミングが0.11(菊池選手も0.11)とかなり攻めたスタートです。菊地選手はコンスタントに0.10前後のスタートを決めるタイプですが、原田選手はかなり攻めたギリギリのスタートをするようなタイプの選手で、たまに0.20付近のスタートになってしまうこともありますが、平均すると菊地選手と同じスタートタイミングをキープしています。

まとめ

いかがだったでしょうか?有名な選手も多いため、知っている人も多いかも知れませんが選手のコース別成績や特徴を知っておくと、舟券を組み立てる際に参考になりますので気になる選手がいたらぜひ選手の情報を調べてみてください。

今回の記事が皆様の舟券予想の参考になればと思いますが、

・自分自身の予想に自信がない。
・全く当たらない。
・運がない。
・予想するのがめんどくさい。
・効率的に競艇で稼ぎたい。

といった方々も多いと思います。
そのような方はシッカリとした的中率や回収率のある競艇予想サイトを利用するのも一つの手だと思います。
但し注意しなければならないのは悪意ある競艇予想サイトや競艇予想アプリも複数存在しているということです。
そのような詐欺サイトに引っかからないための記事もございますので是非お読みください。
下記バナーから私の徹底検証が完了済の競艇予想サイトを確認できますのでぜひご確認してみたください。

※各競艇場名をクリックすると対応するボートレース場の攻略記事を確認できます▽
競艇場名 水質 風の強さ 各競艇場の主な特徴
桐生 淡水 普通 冬~春は「赤城おろし」が吹き水面が荒れやすい
夏場は穏やかな水面でまくりが決まりやすい。
戸田 淡水 弱い 面は年中を通して穏やかだが、コース形式上3コースやカドが有利1号艇の一着率は全国でワーストの所謂「まくり水面」
江戸川 汽水 強い 強い河口付近に設営されているため全国屈指の難水面
干満差や風の影響も受けやすく玄人向け
平和島 海水 強い スタンドと1マークまでの幅が狭く1号艇の1着率は最低クラスに低い潮の満ち引きや強いビル風が吹くなど荒れ要素
多摩川 淡水 普通 「日本一の静水面」といわれており非常に穏やかな水面。
どの艇が勝ってもおかしくないデータになっており時折高配当も
浜名湖 汽水 強い 全国最大級の水面面積。季節によって風向きが激しく変化する特徴。買い方には工夫は必要で配当は全国的にみても平均辺り
蒲郡 汽水 普通 1マークのバック側が全国一番広く、豪快なターンや展開が見もの。クセは少ないため実力差は強く出る傾向で、配当は平均的
常滑 海水 強い 向かい風方向から強い風が吹くことが多く、フライング率が高い。2マークでの逆転も多々あり、中穴配当も出やすい印象
汽水 強い 水面自体は特徴がなく走りやすい形状だが、夏場は季節風、冬場は鈴鹿山脈からの吹き下ろしと強風時には超高配当も。
三国 淡水 強い 一年を通してスタート地点に強めの追い風が吹く。
そのため、インが主導権を握る傾向が強いが配当は平均的。
びわこ 淡水 普通 標高が高く気圧が低い影響でダッシュ勢の活躍が目立つ。春~夏は沖から強い風が吹くこともあり、荒れる要素に。住之江淡水弱い
住之江 淡水 弱い 基本はイン有利の水面だが、2マーク付近では強烈な波が発生することが有り、ここでの逆転もしばしば。
尼崎 淡水 普通 多摩川と並んで非常に穏やかな静水面。
追い風が吹きやすいこともありイン有利な傾向で堅い決着が多い
児島 海水 普通 干満差の影響を大きく受けるコースで、満潮時にはイン有利、干潮時にはまくりが決まりやすい傾向。椛島アナの実況が熱い
丸亀 海水 強い 年中風が吹きやすい競艇場、向かい風時にはセンター勢が好成績!
宮島 海水 普通 干満差が激しく、スタートの難所と言われるほど。走りなれた選手が結果を残す事が多く、当地勝率には注目。徳山海水普通
徳山 海水 普通 1号艇の一着率が非常に高く、インコース全体の入着率も高いため固い決着が多い。その分買い方の難易度は高め
下関 海水 普通 基本的にはインが有利な水面。
しかし横風が強く吹く事が多々あり、高配当が飛び出る場面も。
鳴門 海水 普通 防波堤の影響で潮の流れは穏やか。どのコースからも勝負になり、豪快なまくりが決まる場面も多々
若松 海水 強い 干満差は少ないが、多方面から強い風が吹くことが多いため2マークでの逆転がよく起こり、中穴配当がよく飛び出す印象。
芦屋 淡水 強い 風も追い風方向に吹くことが多く、水面も穏やかで全国屈指のイン勝率を誇る。インの信頼度が高い為、人気の選手が飛ぶと思わぬ高配当も。
福岡 汽水 強い 1マークに発生するうねりの影響が顕著に現れ、ダッシュの助走距離も短いコースのため捲り型の選手に厳しい水面で差しの上手な選手が狙い目。
唐津 淡水 強い 風が強く吹くことが多い競艇場で、風向きも変わりやすく午前と午後とで別物になることもしばしば。中穴配当が出やすい印象。大村海水普通
大村 海水 普通 インの勝率が全国で1番といっていいほど高く、堅い決着になりやすい。
番組の構成で荒れる要素は含むが、基本はイン信頼。